バナー

POSシステム導入による業務工数改善

POSシステムは日本語では「販売時点情報管理」と言う意味になりますが、お店で商品を販売する際に、商品の販売情報を記録させて、集計結果を在庫管理、マーケティング材料して利用することが出来るのが販売時点情報管理のPOSシステムになります。

例えば、販売店などでは商品にバーコードを付けておくことでレジスターに接続されているバーコードリーダーを使ってバーコードを読み取る事で商品の金額をレジに送り込み会計処理が容易に行えるようになりますし、この時商品の情報を同時に送り込むことが出来るため、販売情報として記録が残る事になります。



飲食店などの場合でも、注文を受け付ける時に専用端末やタブレット端末を使って注文を受け取る事で注文を受けたテーブル番号とオーダーを受けた料理の情報や料金を保存することが出来るため、レジ処理を行う時には既に集計が出来ているなどのメリットが在ります。

ガジェット通信選びをサポートするサイトです。

スーパーなどの場合でもPOSシステムを導入することで現在の商品在庫数をリアルタイムに表示させることが出来るようになります。



予め、商品在庫数をPOSシステムに入力しておけば、商品が売れる度にバーコードリーダーを使って商品情報を読み取る事になるため、その時点で在庫数は減算されていく事になり、閉店時点での在庫数の把握がしやすくなりますし、人手による在庫数のチェックなどが不要になると言うメリットも在るため、業務工数を改善するためにもPOSシステムは有効なシステムです。