バナー

ポスシステムによる在庫管理

ポイントオブセールスシステムというのが正確な表記で、日本語表記だと販売時点情報管理ということになります。

ポスシステムとは店舗などで商品を販売したときに、さまざまな販売情報を記録集計し、その結果を在庫管理やマーケティングに用いることを目的としたシステムです。

例えば在庫管理で商品の時間ごとの需要を調べることで、必要な種類と量を供給したりといった緻密な管理が可能になります。
また、複数の店舗を持つチェーン店で店舗ごとの販売動向を比較したり、気象条件と各売り上げを合わせた傾向をつかむなど、複数のデータから分析し活用ができるのでマーケティング戦略等に有用です。チェーン店を展開する企業ごとに、ポスシステムで収集している項目は異なっていて、その項目と分析方法などは企業秘密になっていることが多いです。

各店舗から上がってくる情報はメインフレームに蓄積され、ビッグデータ化しさまざまな手法で分析されます。



個人の店舗から企業の統括するチェーン店までポスシステムは幅広く導入されています。


ポスシステムでは商品の識別子にバーコードが用いられ、商品名や価格などを予めデータベース化しておきます。

そして、実際の販売時に商品名などを読み取ると、具体的な販売情報であるところの在庫数や傾向といったものが瞬時に集められます。現在では多くの店舗でポスシステムを組み込んだレジスタが導入されています。



また、タブレット型端末やスマートデバイスにも機能を導入するアプリケーションが開発されています。